white
ダンボール話 オーダーサポート ご注文からお届けまで お買物ガイド
安心なお買物のために




当社のご案内

ダンボール(段ボール)トップ>「ダンボール」は通販サイト運営の意外な必需品

当社のご案内

通販サイトの意外な必需品


通販サイトを運営する上で、「ダンボールはwebでオーダー」、これはオンラインショップの常識です。

インターネットの普及により、「SOHO」「WEB専門ショップ」などの商形態が増加しています。お店を構える資金は無くとも、ちょっとした技術があれば全国のお客様のお相手ができるのですから当然のことでしょう。

これから「さて、私もWEBショップを初めてみようかしら?」とお考えの方も多くいらっしゃいます。その手の書籍・情報サイトも増えてきていますし、HP作成ソフトも便利になってきていますので、商材の手配さえできればすぐにでも開業可能なのです。

『WEBショップの開業手順』というような本には

「ホームページ作成の注意」
「独自ドメインのメリット」
「決済方法の色々」

などは詳しく書いてあるものです。元々、対象とするのが「実際に店舗を運営されている方のWEBショップ進出」という視点が強いため、インターネットの特色の説明に多くのページを割いているのです。

こんな段ボールでは、お客様もがっかり
こんなダンボールで届けられたら…開ける前に興醒めですね。
しかし必要なのはそればかりではありません!

お客様からの注文が入り始めると「配送」という作業が必要になってくるのです。1ヶ月数件の受注段階ならば、近所のスーパーからダンボールを貰ってきても間に合うでしょう。外に○○やさいとか印刷されていて、個人運営なのがバレてしまいますが…。

更に注文が増えてくると、それでは間に合いません。ダンボールを買わなければいけなくなります。

ダンボールはどこで売られているのでしょうか?

大きめの文房具屋さんに行けば無地箱を扱っているところもありますし、梱包用品専門店などがあれば間違いなく売られています。手っ取り早く宅配業者のものを使われる場合も多いでしょう。

ただしどこで買っても単価120〜200円程度はかかるものなのです。コストを少しでも安く抑えたいオーナーさんにはこれは痛い出費ですよね? おまけに高いお金を支払ってもちょうどいいサイズのものが見つからないこともよくあります。高いし、手間は掛かるし、買いに行くのは面倒だし…。商品のことで悩むのは許せても、こんな資材で悩むのはイヤ!という方も多いでしょう。

「お客様からの注文件数 ≒ 必要なダンボールの数量」というぐらいの必需品なのですから、名刺などを手配するのと同様の感覚で、「ダンボールはwebでオーダー」それが、これからのオンラインショップの常識です。

ダンボールのことなら、2001年スタートのダンボール通販サイトの老舗「オーダーボックス・ドットコム」に、ぜひお任せ下さい!

Yahoo!ブックマークに登録
こ
のエントリーをはてなブックマークに追加

■ ダンボールの見積もりなら

自動回答オンライン見積り
ダンボールの種類から見積り

■ 選ぶならオーダーボックス!

■ 2001年スタートの実績!

スタートアップパック 規格サイズに印刷タイプ

■「ロゴ入り」ダンボールが超安価に!


オリジナルダンボールの作成を応援させていただくサービス。

「宅配60サイズ」、「ゆうぱっく小サイズ」に、「ロゴ」「社名」「URL」などが印刷されたオリジナルダンボールを、お得な価格でお届け! 2回目からは、無地の既成品ダンボールと同じ単価でご提供! お得です!

white
socialbutton

サービス開始から13年!

「オーダーボックス・ドットコム」は、「SOHOホームページ大賞」2003の大賞、および「日本オンラインショッピング大賞」2001の奨励賞などを受賞したサイトです。

TBSの経済情報番組「儲かりマンデー」(現「がっちりマンデー)や、東京FMの朝の情報番組「MORNING FREEWAY」(現「クロノス」)、J-WAVEのラジオ番組 「HELLO WORLD」 等でも紹介されました。

2012年公開予定の東映映画「苦役列車」に協賛しており、同映画の作品中では、弊社のオリジナルダンボールが使われています。

また最近では、2013年公開の松竹映画「舟を編む」でも当社ダンボールが登場することに決まりました。

1万社以上の購入実績!

socialbutton white
socialbutton

オーダーボックス協賛映画「舟を編む」

socialbutton white
socialbutton

オーダーボックス協賛映画「苦役列車」

オーダーボックスは、2012年公開の東映映画「苦役列車」に協賛しています。予告編ムービーでは冒頭で当社のオリジナルダンボールが登場しますよ。

socialbutton white