white
ダンボール話 オーダーサポート ご注文からお届けまで お買物ガイド
安心なお買物のために




当社のご案内

ダンボール(段ボール)トップ>「発泡緩衝材」の活用のすすめ(より安全に配送するために)

当社のご案内

より安全に配送するために


破損はお店のイメージダウン
お客様の期待を裏切る商品の破損は絶対に避けたいですね。
発泡緩衝材」というツールをご存知でしょうか? 大事な商品を、より安全に配送するために不可欠な存在。これについてお話ししましょう。

ショッピングは楽しいものです。この商品が自分に似合うのか、これを買ったらどれだけ便利になるのか、そんなことを考えながらお店を見てまわっていると、あれもこれも欲しくなってしまう、そんな心理状態になりやすいですよね。

実際に商品が届くのか、その商品が期待通りのものか、間違えて配送されてこないだろうか、色々な不安を抱えて待ち構えた商品ですから、商品が届いた時には期待も大きく膨らんでいることでしょう。

ここで(多くの方がご経験されていると思いますが…)商品の破損があったら台無しです。期待感の全てが失望に変わってしまい、例えそれが運送会社のミスであったとしてもネガティブな印象は残ってしまうでしょう。

お客様みずからが、わざわざ送料まで負担して頂いてお買い上げ頂いた商品ですから、ある意味ごもっともでもありますね。

配送中の商品の破損を防ぐためには?
これを防ぐためには、商品サイズにぴったりなダンボールをオーダーして頂くのが最適です。でも、商品サイズは1種類だけではないでしょう。細かいサイズの商品もそれだけで配送することもあるでしょうから、ダンボールの容積に対して商品はほんの一部しかない、といったケースも多くなるはずです。

このような場合、溜まってしまった古新聞を隙間に埋め込んで梱包する、というところが多いのですが、やはりクッションとしては強度に物足りなさがあるものなのです。

配送途中の段階ではどのような衝撃がダンボールに加わるか予想もつかないもので、梱包された商品を固定するぐらいの新聞紙の量といったら相当なものですね。最近ではゴミの廃棄の基準も厳しくなっており、ご家庭での古新聞も燃えるゴミとして処理できない、といった自治体も増えてきています。

「店舗の古新聞の処理にちょうどいいや」といった認識では、何より見栄えも良くないですし、お客さまにもご迷惑になってしまうかもしれません。店舗側では廃物利用のつもりでやっていることかもしれませんが、廃棄物をお客さまに押し付けてしまうことにもなりかねないのです。

「発泡緩衝材」の活用のすすめ
より安全な配送を行うためには、やはり専用の「発泡緩衝材」をご利用になられるのが良いでしょう。「これ以上、間接費にコストを掛けたくない」と思われるかもしれませんが、実はそれほど割高になるものでもないんですよ。

ダンボールで最もニーズの多い“80サイズ”では「32cm×23cm×15cm」のパターンが多く、この容量は約1リットルです。

当社が販売している「発泡緩衝材」は、最もお買い得な【大袋入】で「直径約60cm × 高さ 約140cm」のサイズとなっており、容量は 約38リットルになります。つまり『空のダンボール38ケース分』に相当する量になるのです。もちろん全くのからっぽで配送することはあり得ないでしょうし、商品サイズに合わせたダンボールであればその隙間もほとんど無くなってくるはずですので、この消費量はただの目安にしか過ぎません。

より現実的に考えて、ダンボールに対する商品容積の比率が、例えば9割であったとすれば「380ケース」に相当することになります。当店の「発泡緩衝材」の販売価格は、現在のところ安いもので3,500円ですので、1ケース辺りで約10円ですね。

「発泡緩衝材」の様々なメリット
発泡緩衝材
素早く、安全でかつ見栄えのいい梱包が簡単にできます。
この10円と引き換えに手に入るものは

(1)配送中の商品の安全を確実に防ぐことで、トラブルが減る
(2)梱包作業の効率が格段にアップする

この2点でしょう。

特に梱包作業のスピードアップは確実で、

(1)「ダンボールを組み立て商品を中に入れる」
(2)「パラパラと隙間に発泡緩衝材を注ぎ込む」
(3)「フタを閉じる」

それだけで作業は終了します。ある店舗さまが「お料理の最後に愛情を込めて“旨味調味料”を振り掛けてるみたいです」とおっしゃられていましたが、素早く見栄えのいいプロの梱包が簡単にできてしまうのですから、まさにその通りかもしれません。

ちなみに当店が販売している「発泡緩衝材」の主原料は、コーンスターチ。コーンスターチ(とうもろこしデンプン)は、バイオマスから由来する天然植物パウダーとして知られています。使用後は、「燃えるゴミ」として処分することが可能で、焼却時にダイオキシンなどの有毒ガスを出さない、環境に優しい素材になっています。

商品を配送される際に、簡単なお礼状を入れられている店舗も多いのですが、そこに付け加えて「この白い発泡材はスチロールではありません。燃えるゴミとして処分できるものを使用しております」と書き添えてお客さまから喜ばれた、というお話も伺っています。

安全性を更に高めるためにも、お客さまの印象度をアップするためにも、是非ダンボールと合わせて「発泡緩衝材」もご利用ください。


Yahoo!ブックマークに登録
こ
のエントリーをはてなブックマークに追加

■ ダンボールの見積もりなら

自動回答オンライン見積り
ダンボールの種類から見積り

■ 選ぶならオーダーボックス!

■ 2001年スタートの実績!

スタートアップパック 規格サイズに印刷タイプ

■「ロゴ入り」ダンボールが超安価に!


オリジナルダンボールの作成を応援させていただくサービス。

「宅配60サイズ」、「ゆうぱっく小サイズ」に、「ロゴ」「社名」「URL」などが印刷されたオリジナルダンボールを、お得な価格でお届け! 2回目からは、無地の既成品ダンボールと同じ単価でご提供! お得です!

white
socialbutton

サービス開始から13年!

「オーダーボックス・ドットコム」は、「SOHOホームページ大賞」2003の大賞、および「日本オンラインショッピング大賞」2001の奨励賞などを受賞したサイトです。

TBSの経済情報番組「儲かりマンデー」(現「がっちりマンデー)や、東京FMの朝の情報番組「MORNING FREEWAY」(現「クロノス」)、J-WAVEのラジオ番組 「HELLO WORLD」 等でも紹介されました。

2012年公開予定の東映映画「苦役列車」に協賛しており、同映画の作品中では、弊社のオリジナルダンボールが使われています。

また最近では、2013年公開の松竹映画「舟を編む」でも当社ダンボールが登場することに決まりました。

1万社以上の購入実績!

socialbutton white
socialbutton

オーダーボックス協賛映画「舟を編む」

socialbutton white
socialbutton

オーダーボックス協賛映画「苦役列車」

オーダーボックスは、2012年公開の東映映画「苦役列車」に協賛しています。予告編ムービーでは冒頭で当社のオリジナルダンボールが登場しますよ。

socialbutton white