ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコム!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━ 
┃■┃オ┃ー┃ダ┃ー┃ボ┃ッ┃ク┃ス  ───────────────┐
        ┏━┏━┏━┏━┏━  ショップオーナーの情報マガジン
        ┃ド┃ッ┃ト┃コ┃ム   【 For WebShop Masters 】
┌─────────────────────────────────┘
│    ____________    __▼ Contents ▼_____________
│  /       /|  
│ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ |  【1】ショップ業界 ニュースピックアップ
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |         商品画像をきれいに見せる撮影方法
│|For WebShop |  |  
│|     Masters| /   【2】『注目のWEBマスター』更新情報
│|____________|/           【クオカ(cuoca)】斎藤賢治様
│          
└───── ◆格安オーダー段ボール! ─  http://www.order-box.com/ ┘

 ┌───────────────────────────────┐
 │このメールがご不要な方は、下記から登録解除手続きをお願いします│
 │  ◆登録・解除ページ: http://www.order-box.com/mlmg/       │
 └───────────────────────────────┘

四方@店長です。

最近、デジカメで写真を撮る機会がものすごく増えました。もちろん仕事でも
使いますので、かなり前から持っていたのですが、商品写真以外を撮るような
機会がなかったんですよね。

元々カメラは結構好きな方で、銀塩カメラの一眼レフに望遠レンズとか持って
います。確かに、写真は抜群にきれいに撮れるのですが、かさばるし、何と言
っても現像するまで、どんな写真になっているのか分かりません(それが、楽
しみだったりもしたのですが…)。それでもやはり「キレイなプリントには銀
塩でしょ〜」と頑張って持ち歩いていました。ところが最近、会社の廻りのカ
メラ屋さんも、デジカメプリントを受付けてますので、ものは試しに…。

いや〜、最近の技術はすごいです!
セルフサービスで、メモリースティックを差し込むと、画像が一瞬で表示され
ます。自分でプリントしたい写真を選んで枚数を指定すると、そのまま申し込
めて、30分後には写真が出来上がります。それも、銀塩カメラで撮影した写
真と比べても全く遜色ありません。う〜ん、驚きました。
あまりの驚きに、思わず、子どものプリクラまで作ってしまいました(笑)。

「これも商売道具だから…」などと言い訳をしながら、一眼レフタイプのデジ
カメ(某社の新製品 630万画素!)の購入を真剣に検討中です(笑)。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【1】ショップ業界 ニュースピックアップ
 │NewsPickUp│     …………… 商品画像をきれいに見せる撮影方法
 └─────┘ ──────────────────────────

商品をより魅力的に見せる、これは実店舗と比べたショッピングの不便さを解
消するためにずっと考えられてきたことでした。実際に手にとって見ることが
出来ないというハンデを解消するために、的確な説明テキストをつけ、角度を
変えては商品撮影を行う、このような努力はずっと行われていることでしょう。
もはや三脚・簡単な照明・レフ板などは必需品と言えるかもしれません。

ただし、いざ掲載用の画像撮影を行おうとした場合には、これが中々難しいも
のです。どうやっても雑誌などに掲載されるようなクオリティーにはならずに、
貧弱さが目立ってしまいます。また中途半端に薄暗かったり明るすぎたり、ご
苦労されることも多いのではないでしょうか。ましてパソコン掲載用の画像で
は「後から画像処理できる」という安心感もあるため、適当になってしまいや
すいのかもしれません。

商品撮影のためのノウハウは以下のページに詳しいです。

 ■『デジカメ用撮影ライトのSD』【これで納得!商品撮影入門】
   : http://www.order-box.com/mlmg/j.cgi?0028&1&001260

デジカメでの撮影用機材のプロショップのページだけに、とても分かりやすい
ですね。商品をきれいに見せるヒントが見つかるはずです。やはり“光の調節”
が最も重要なこととなることは間違いないですが、どのような演出を施すかに
よっても見え方は大きく変わってくることが分かります。

“それならば商品画像も外注で”というニーズもあるかもしれません。プロの
手による商品を引き立てるような画像、これを低価格で依頼できるサイトもあ
ります。

 ■商品撮影のスタジオランプアイ
   : http://www.order-box.com/mlmg/j.cgi?0028&2&001260

こちらではシンプルな背景のもので1カット1,000円、背景にコンセプトを持た
せたもので3,000円、非常に利用しやすいサービスになっています。ここでプロ
の技法を見ると、やはり自分で撮影するレベルのものとは明らかに違ってくる
ことが分かりますね。例えば商品紹介の画像はカタログから抜いたものやパッ
ケージそのままのものを使ってもいいのでしょうが、TOPページやページタイト
ル部分に使う画像はもう少し凝ったものを使ってユーザーを誘導する、そんな
使い方はされるべきでしょう。

また商品画像に限らず、携帯電話が続々とカメラ付きに切り替わっていく中で、
画像の利用方法にも変化が出てきているようです。画素数はまだまだ物足りな
く、鮮明な画像とは決して言えないものですが、何と言っても手軽です。数多
く公開されている日記サイトでも、携帯電話で撮影した画像をアップできるも
のも増えてきており、テキストを補完する役割があります。こうしてより店主
を身近に感じてもらう使い方や、これまでは「デジカメを持っていないから」
という理由からそれほど投稿が集まらなかった“投稿画像”の募集企画など、
その気軽さを生かしたイベントも楽しいでしょう。

ブロードバンド化が進み、画像枚数の多さはそれほど問題にならなくなってき
ています。サイトで使用する画像のクオリティーを上げるだけで、サイト全体
が見違えるようになることも多いですので、やはりこのようなところからサイ
ト構成を見直してみると良いかもしれませんね。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【2】『注目のWebマスター』更新情報
 │Web Master│     …………………【クオカ(cuoca)】斎藤賢治様
 └─────┘ ──────────────────────────

 今回ご紹介するのは高松市に実店舗を構え、製菓材料販売を行う【クオカ】
Webマスターの斎藤様です。クリック&モルタルで展開されている同店は、月商
「6千万」を売り上げられるまでに成長されています。各商品に対するユーザー
の声が効果的に使用されたWebサイトは非常に使いやすく、Webショップ運営に
コミュニティーが上手く組み合わせられた良いお手本となるでしょう。それで
はご覧下さい。

───────────────────────────────────
■コミュニティー活用の難しさ
───────────────────────────────────
 Webショップを拡大していくための販促手段として、現在では様々な手法が用
いられている。その中には無料で自らの労力を使って行えるもの、有料ASPとし
て提供されているもの、多くのWebマスターは自らのサイトに合わせた効率的な
手法を模索しつづけているはずだ。店舗それぞれに販売するアイテムや粗利率、
ユーザーの購入頻度が違うため、全ての業種の共通の手法などは存在しない。
しかし現在、ほとんどの業種が取り入れるべき手法として「サーチエンジン対
策=SEO」が注目されているのは言うまでもないだろう。更にその効果が見込ま
れていながら、運営の難しさや不確実性の高さが敬遠されて、上手く活用され
ていないものに「コミュニティー」の利用がある。

 ユーザー自らの有益な情報交換を促し、その話題の中心となる場を提供する、
これが回転し始めるとその一言一言がWebマスターからのお勧めの言葉よりも格
段に重いものとして意味を持つようになる。またこのような客観的な意見を求
めて人が集まり、コミュニティーは拡大していくこととなるのだが、サイト運
営者側のコントロールが及びにくくなっていくためトラブルの元となりやすい
のも確かだろう。どうやってユーザーの生の声をサイトに反映させていくか、
この点は今後もますます重要性を高めていくことになるだろう。

 今回ご紹介するのは高松市に実店舗を構え、製菓材料販売を行う【クオカ】
Webマスターの斎藤賢治様だ。実店舗も「月商8万円」からスタートさせたとい
うその事業は、現在Webショップで月商「6千万」を売り上げるまでになられて
いる。「私どもはリアルな店舗と連携してビジネスを行っている典型的なクリ
ック&モルタルです。モルタル(実店舗)のサービスを補完するのがネットの
役割、また逆にネットのサービスを補完するのがモルタルの役割です。」と言
われているように、その運営は非常に組織的である。また同店のサイト構成を
見てみると、ユーザーからの有益な意見を集めるための仕掛けがされているこ
とに気付くはずだ。そのような意見はユーザーの購入決定の大きな要因となる
だけではなく、サイト運営に際して利用者の生の声を即座に取り入れる、その
ような柔軟な対応が可能となる。 Webショップ運営にコミュニティーが上手く
組み合わせられたサンプルとなるはずだ。


───────────────────────────────────
■売上を支えるバックヤード
───────────────────────────────────
 同店の歩みを伺うと、その前身は95年まで遡る。インターネットの存在が一
般に認知され始めた時期であり、この年に徳島県の地場産品の販売サイトを開
設し、同年の内には四国全域を対象としたショッピングモール「ネットスター
ショップ」を開設されたそうだ。まだネットショップの黎明期であり、その取
り組みは早かったと言えるだろう。その後の97年、現在のビジネスの元となる
製菓材料の実店舗経営を高松市で開始された。その当時は「棚一つ、20アイテ
ム、月商8万円からスタートでした」と、実に小規模での経営である。翌年には
インターネットでの販売も開始され、現在ではピーク時で「一日あたり約注文
件数500件、売上300万」更には「この2月には売上高6千万、発送件数1万件にな
りそうです。」という規模にまで成長されているのだ。


全文は、こちらのURLでご覧になる事が出来ます。

 ◆注目のWebマスター 【クオカ(cuoca)】斎藤賢治様
  : http://www.order-box.com/mlmg/j.cgi?0028&3&001260

 ■───────────────────────────────■

<編集後記>

先日、地下鉄で移動していたのですが、電車の中に酔っぱらった方が一人いま
した。大きな声で、ブツブツと独り言をつぶやいて、その手には何故か“ペッ
トボトル”が…。ちょうど、韓国での悲惨な地下鉄火災があったばかりでした
ので、車内もちょっとした緊張状態でした。他の車輌に移動しましたのでその
結末(?)は分かりませんが、改めて「地下って怖いな〜」と感じてしまいま
したね。                           (四方)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ピサ /// \\  【サイズピッタリ】のオリジナルダンボールなら
ッイ  |^__^ b   …………………………………………………………………
タズ┌──┐く   株式会社 フルスピード
リ┌┴──┴┐\    東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA11F
!!| BOX / |  TEL:03-5728-4465 TEL:03-5728-4488
 (]────[)/   E-mail: info@order-box.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.order-box.com/ ━








バックナンバー