ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコム!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━ 
┃■┃オ┃ー┃ダ┃ー┃ボ┃ッ┃ク┃ス  ───────────────┐
        ┏━┏━┏━┏━┏━  ショップオーナーの情報マガジン
        ┃ド┃ッ┃ト┃コ┃ム   【 For WebShop Masters 】
┌─────────────────────────────────┘
│    ____________    __▼ Contents ▼_____________
│  /       /|  
│ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ | 【1】オーダーボックスからのお知らせ
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |          印刷ダンボールの納期について
│|For WebShop |  | 
│|     Masters| /  【2】ショップ業界 ニュースピックアップ
│|____________|/          Webショップの“季節感”の演出
│           
│          【3】『注目のWEBマスター』更新情報
│               【アフィリエイトASP 電脳卸】小林伸泰様
│
│          【4】『EC-Winners』更新情報
│                               【ナチュラム】 中島成浩様
│
└───── ◆格安オーダー段ボール! ─  http://www.order-box.com/ ┘

 ┌───────────────────────────────┐
 │このメールがご不要な方は、下記から登録解除手続きをお願いします│
 │  ◆登録・解除ページ: http://www.order-box.com/mlmg/       │
 └───────────────────────────────┘

サトウ@店員です。

寒さもすっかり本格的になってきました。日中は暖かく感じても朝晩の冷え込
みがつらいですね。通勤電車の中でも、風邪を引いてしまったのか、その予防
なのか、マスクをしている人を沢山見かけるようになりました。
…などと思って眺めていたら、私も早速(?)体調がおかしい…、なんと38度
の熱を出して、昨日は早退しました(鬼の霍乱…)。今年の風邪もタチが悪い
ようですね。

昨年はインフルエンザの治療薬が不足するなどという騒ぎがありましたが、今
年は昨年の倍以上の準備をしていると製薬会社がコメントしているそうです。
でも、忙しいとなかなか予防接種を受けにいくこともできません。年末に向け
て忙しくなるとき、皆さまも体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【1】オーダーボックスからのお知らせ
 │New Items!│     ……………… 印刷ダンボールの納期について
 └─────┘ ──────────────────────────

オーダーボックス・ドットコムでも、ギフトシーズンの到来とともに、特に印
刷ダンボールについてのお問い合せやご注文をたくさんいただくようになり、
おかげさまで大忙しの毎日です。

この時期、皆さん一様に気にされることはやはり“納期”です。
この年末は印刷ダンボールを使ってみよう、では早速明日届けて…、こうした
お問い合わせも増えてきます。しかし、無地のダンボールと異なり、印刷ダン
ボールのお届けには意外とお時間がかかってしまいます。

通常は、『印刷内容決定後』の“3〜5営業日後”に出荷をさせていただいて
おりますが、ダンボールの印刷は色々制約が多くて、デザインによっては残念
ながら印刷を承ることができない場合もあります。

印刷ダンボールをご検討いただいているお客様は、ご希望される印刷内容のデ
ータなどをメールに添付して送信いただければ、詳細をご案内させていただき
ますので、お気軽にお問い合せ下さい。

 ■メールでのお問い合わせはこちら: info@order-box.com

なお、弊社HPオーダーサポートのメニューには、印刷に関してのご案内もご
ざいますので、ぜひ御参照くださいませ。

 ■段ボール印刷についてのアドバイス
    : http://www.order-box.com/os/index08.html

どうぞ、信頼度アップのために、ぜひ印刷ダンボールをお試しください!


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【2】ショップ業界 ニュースピックアップ
 │NewsPickUp│     ………… Webショップの“季節感”の演出
 └─────┘ ──────────────────────────

もうすでに世間ではクリスマス・年末商戦が始まり、だいぶ騒がしくなってき
ています。少ない少ない…との声も聞こえてきますが、各企業のボーナスが支
給されていくといよいよ本格的な商戦期のスタートとなります。

こうした時期にはそれに合わせた販促を打つのが当然なのですが、それを行な
うタイミングはいつ頃が適切なのでしょうか。実感として、街中でクリスマス
ソングを聞くタイミングは徐々に早くなってきているように思われます。あま
りに早すぎると逆効果のような気がしないでもありませんが、1ヶ月以上前か
ら準備することはもはや当然で、さらに早いケースもあるでしょう。

新聞で見かけた記事ですが、不動産業界などでも、土地分譲など例年より早め
に攻勢をかける、そんな動きもあるようです。景気が悪くなってくると、全般
的に次の一手が早くなってくる傾向はあるようです。しかし、本来的にはこう
した季節感とは、お天気や気温と連動するものです。○月○日のメルマガの冒
頭で「寒くなりました」とユーザーに伝えるのと、同じ内容を今年一番の冷え
込みがあった日に合わせて伝えるのでは、効果は大きく違ってくるでしょう。
こうしたちょっとしたことで読者との距離感は縮まるものだと思います。

しかし、こうした小回りが利くのもWebショップの良いところとは言え、やは
り検索エンジン対策などは早めに動いておく必要があるはずです。つい先ほど
「お歳暮」で検索してみたところ、30万件以上のヒット、Adwards広告には日
本の名だたる有名百貨店の名前がずらずらと並ぶ…、さすがの激戦区です。

しかしその表示サイトを良く見てみると、最上位にあるのは「お歳暮.com」と
いうサイトさんで、こちらは直接販売を行なっている訳でもない、誰が何のた
めに運営されているのか分かりにくいサイトです。その少し下には何故かアダ
ルトサイトなどもあり、意外と攻略は可能なのでは?と思ってしまいそうにな
ってしまいますね。

通常の感覚よりも少し早めにクリスマスコーナーを設置する、リアルの店舗で
したらただの賑やかしにしか過ぎませんが、Webショップではそのキーワード
で検索エンジンに引っかかりやすくなる、そんなメリットはあるでしょう。少
し早めに立ち上げることで検索ロボットへアピールしておくことができるよう
になり、商戦期の本番に確実に間に合うようになるはずです。Webショップに
とっての季節感の演出とは、こうしたところから始まるのかもしれません。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【3】『注目のWebマスター』更新情報
 │Web Master│       【アフィリエイトASP 電脳卸】小林伸泰様
 └─────┘ ──────────────────────────

 今回は、費用対効果に優れている販促手法として定着してきている「アフィ
リエイトプログラム」について、アフィリエイトASP【電脳卸】を運営する、株
式会社ウェブシャークの、取締役/COO、小林伸泰様にお話を伺いました。低価
格ながらも、直接的な販売を期待できるだけではなく、検索エンジン対策とし
ても優れた効果を発揮しているという同サービスは、Webショップの運営に大き
なプラスとなってくれるもののようです。それではご覧下さい。

───────────────────────────────────
■“商品写真”によるアフィリエイトプログラム
───────────────────────────────────
 インターネットの黎明期から、Webショップの販促・宣伝のための手法には
様々なものが存在している。一時のネットバブルと言われた時期には、その効
果すら定かではない、ただ単に目新しいだけのサービスも多く登場し、そのほ
とんどは既に生き残っていない。そんな中で、売れた金額に応じて報酬を払え
ば良い、いわゆる“成果報酬型”の広告である「アフィリエイトプログラム」
は、市場に着実に定着してきていると言えるだろう。それ以前のバナー広告な
どと比べて無駄打ちが少なく、費用対効果に優れているとされており、中小規
模のWebショップにも導入しやすい販促手法であるといえるだろう。

 今回は、そうしたアフィリエイトの現状を、アフィリエイトASP【電脳卸
】、ショッピングモール【ストアミックス】を運営する、株式会社ウェブシャ
ークの、取締役/COOであり“軍師”の肩書きを持たれる小林伸泰様にお話を伺
った。同社のサービスは「5,800円〜」という低価格での参加が可能であり、
直接的な販売を期待できるだけではなく、検索エンジン対策としても優れた効
果を発揮しているという。また、常に「商品をいかに売るか」だけを考えてい
るという同社の強み、そのサービスの特徴などを伺っている。

 そもそも同社の運営する電脳卸のアイディアはどのように誕生したのだろう
か。同氏と同社代表取締役の木村氏の出会いはOSMCの集まりで、双方ともオン
ラインショップのオーナーとしてだったそうだ。「木村は古着を販売していた
ため、1商品1在庫と言う環境で商売をしていました。その為、在庫があって、
メーカーから発送してくれるオンラインショップのモデルを作りたいと考えた
んです。」これを突き詰めて考えていくうちに、「“結局オンラインショップ
はお客様から見れば商品写真を掲載しているだけだ”という事に気づき、それ
ならばショップさんから商品写真だけを貸してもらって、販売をしたら手数料
を貰えるというビジネスが成り立つのではないか? と考えたところから電脳
卸というビジネスプランが生まれました。」これはもう既にアフィリエイトプ
ログラムの一形態となっているが、その当時の木村氏はまだそうしたビジネス
が存在したことを知らなかったそうで、既存のものとは全く別のところから発
想されたとのことである。

 その当時、海外ではamazon.comのアフィリエイトシステムなどが有名となっ
てきており、同社の急拡大を支える、まさに“理想的な販促手法”であると注
目され始めていた。しかしこうしたシステムを用意できるのは一部のメガサイ
トのみであり、一般のサイトでは実際に導入する手段はなかったのだ。「様々
なショップがアフィリエイトサイトを共有するという電脳卸のアイデアとは大
きく異なってました。」このビジネスプランを居酒屋で聞きながら、「これは
凄いことになる」と感じられたそうだ。この時のアイディアを電脳卸として事
業化され、1年以上の準備期間を経て2002年2月にサービスインされた。


全文は、こちらのURLでご覧になる事が出来ます。

 ◆注目のWebマスター 【アフィリエイトASP 電脳卸】小林伸泰様
   : http://www.order-box.com/wm/


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【4】『EC-Winners』更新情報
 │EC-Winners│              【ナチュラム】 中島成浩様
 └─────┘ ──────────────────────────

 今回ご紹介するのは、カテゴリ内での圧倒的なトップシェアを誇るだけでは
なく、まさに世界最大級の規模にまで成長されている【ナチュラム】Webマスタ
ーの中島成浩様です。アウトドア用品・釣り具を中心とした品揃えで、現在で
は「月商2億円」「月間600万PV」という、とてつもないレベルにまで達してい
るメガショップです。ここに辿りつくまでのトラブルや、資金調達された際の
お話なども伺っています。それではご覧下さい。

───────────────────────────────────
■今や“世界最大級”の規模にまで成長
───────────────────────────────────
 今回ご登場頂くEC-Winnersは、今や“日本を代表する”といっても過言では
ない規模にまで成長されたECサイト【ナチュラム】の中島成浩様だ。アウトド
ア用品・釣り具を中心とした品揃えで、現在では「月商2億円」「月間600万PV」
というレベルにまで達しているメガショップである。実店舗での知名度と豊富
な資金を持ってECサイト運営にも取り組む企業とは違い、あくまでもECサイト
として実績を上げていった同サイトの事例は非常に参考にもなり、これからの
目標としても良いかもしれない。

 元々は釣具メーカーであった株式会社ナカジマの小売部門として、アウトド
アレジャーショップ「ナチュラム」が立ち上げられたのは、1990年のことだっ
た。世間一般としても小売店舗の大型化が進められている時期であったが、
「集客ツールとして、新聞折込チラシやDM、ラジオCM、テレビCMなどさまざま
な媒体を活用していましたが、バブル崩壊とともに売上も伸び悩み、これらの
集客効果も徐々に下がってきて、非常に危機感がありました。」ちょうどバブ
ル崩壊期と重なる時期である。試行錯誤を続けているうちに、Windows95の発売
が大きな話題となり、一つの集客ツールとしてこれを利用してみようと思いつ
かれたのが同社Webサイトの始まりだったそうだ。

 その当時、同氏は株式会社ナカジマの副社長職にあり、メーカー部門・小売
部門を統括する立場であったため、両部門のサイトを同時に開設されていたそ
うである。自らが直接管理するサイトであるためその反応などは瞬時に見て取
れたそうで、早い時期に、メーカー部門のサイトよりも、小売部門のサイトの
方がアクセス数やメールの問い合わせなどが遥かに多いことに気づかれたとの
ことである。「メーカーのホームページでは新製品の紹介など、情報が一方通
行なのに対して、小売店のホームページでは実際にユーザーが参加できる、購
入することができるというのが、双方向メディアであるインターネットではと
ても重要な事なんだと認識しました。」このため、反応の薄かったメーカー部
門サイトは間もなく閉鎖され、「小売店のホームページは頻繁に更新し、商品
数の充実やショッピングシステムの改善、あるいは、掲示板やチャットなどの
コミュニティ機能なども取り入れながら、どんどん充実していくとともにアク
セス数も増え、徐々に売上も増えていきました。」

 売上げ規模は順調に伸び続けていたが、しばらくすると急成長の歪みが予想
されるまでになってくる。この時期は「前年比で3〜4倍」で推移していたそう
で、1999年に月商1,000万円を超えたあたりから、バックヤードシステムや物流
体制が追いつかなくなることは明らかだったそうだ。シーズンピークを迎えて、
予想される2,000〜3,000万円を捌けるだけのシステム構築は急務となっていた。
「しかし、バブル崩壊後の貸し渋りなどで資金調達の目処がまったくたたず、
途方にくれていたところ、運良くベンチャーキャピタルなどとの接触があり、
翌年2月に分社化、5月に新システムの稼動と何とかうまく乗り切ることができ
ました。」これを機に、それまでは5,000アイテムほどだった商品掲載数は、デ
ータベースの増強もあって一気に12万アイテムにまで拡張することができるよ
うになったそうだ。また、「それまでバックヤードの事務作業や物流業務に相
当、スタッフのエネルギーが取られていた部分が大幅に軽減され、その分、バ
イヤー本来の業務や販促企画などにスタッフのエネルギーを注ぐことができる
ようになり、一気に売上が上昇カーブを描き始めました。」企業の組織として
も歪みから開放され、売上げの拡大に一層の拍車がかかることとなる。


全文は、こちらのURLでご覧になる事が出来ます。

 ◆EC-Winners 【ナチュラム】 中島成浩様
   : http://www.order-box.com/ec/


 ■───────────────────────────────■

<編集後記>
クリスマスケーキの予約開始! というチラシを見かけたと思ったら、もうお
せちの予約開始。しかも早くも人気店のおせちは売り切れているとか…。そう
いえば年賀状も年末ジャンボもすでに発売開始になっていますね。本当に季節
の流れの早さに追いついていけなくなってきました…。
                              (サトウ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ピサ /// \\  【サイズピッタリ】のオリジナルダンボールなら
ッイ  |^__^ b   …………………………………………………………………
タズ┌──┐く   株式会社 フルスピード
リ┌┴──┴┐\    東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA11F
!!| BOX / |  TEL:03-5728-4465 TEL:03-5728-4488
 (]────[)/   E-mail: info@order-box.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.order-box.com/ ━

バックナンバー