ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコム!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━ 
┃■┃オ┃ー┃ダ┃ー┃ボ┃ッ┃ク┃ス  ───────────────┐
        ┏━┏━┏━┏━┏━  ショップオーナーの情報マガジン
        ┃ド┃ッ┃ト┃コ┃ム   【 For WebShop Masters 】
┌─────────────────────────────────┘
│    ____________    __▼ Contents ▼_____________
│  /       /|  
│ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ | 【1】ショップ業界 ニュースピックアップ
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     「リアルビジネスがおびえているもの」?
│|For WebShop |  | 
│|     Masters| /  【2】『注目のWEBマスター』更新情報
│|____________|/          【ストラップヤ.com】樋口敦士様
│           
│          【3】『EC-Winners』更新情報
│             【カニ市場『北国からの贈り物』】 加藤敏明様
│
└───── ◆格安オーダー段ボール! ─  http://www.order-box.com/ ┘

 ┌───────────────────────────────┐
 │このメールがご不要な方は、下記から登録解除手続きをお願いします│
 │  ◆登録・解除ページ: http://www.order-box.com/mlmg/       │
 └───────────────────────────────┘

四方@店長です。

先日、何とか事務所の移転が完了いたしました。案の定大騒ぎにはなったので
すが、ようやく落ち着きを取り戻して通常業務に戻ることができました。

その準備でドタバタとしている時ですが、ビルの名前の変換ミスがあり…

 ●正 ─── 古『河』千代田ビル
         ^^^^
 ●誤 ─── 古『川』千代田ビル
         ^^^^
この誤った名前が、カットアンドペーストによって色々なところに使われてし
まってって見事にどれもこれも全滅です。「2,000枚の封筒」も「500枚の名刺」
も全ては無駄となってしまいました…。

普段、お客さまから印刷を承る際には、「版下を一度制作すると変更できませ
んので、間違いがないかどうかちゃんとご確認下さいね」とお願いしている立
場の私です。にもかかわらず、自分が見事に間違えてしまいました…。金額も
そりゃぁ痛いのですが、プロとして恥ずかしいの何の…(大涙)

とりあえず、当店はすでに新住所・新電話番号での営業となりました。改めて
お知らせいたしますので、旧住所で登録されているデータなど、お手数ですが
ご修正お願いいたします。

 ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
 │ ■移転先: 〒101-0047                  │
 │        東京都千代田区内神田2-15-9 古河千代田ビル5F│
 │                              │
 │ ■電 話: TEL:03-5728-4465 FAX:03-5728-4488      │
 │                              │
 │   ※ 住所ともに、電話番号・FAX番号も新しくなります。  │
 │     お手数ですが、ご変更のほどよろしくお願いします。  │
 │                              │
 └──────────────────────────────┘


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【1】ショップ業界 ニュースピックアップ
 │NewsPickUp│     …… 「リアルビジネスがおびえているもの」?
 └─────┘ ──────────────────────────

普段からネットでの商売にどっぷりと浸かっていると、いわゆる“リアルビジ
ネス”とは縁遠いように思うことが多くなります。お客さまに物を販売するの
に、これまで通りに実店舗を構えて商品を並べて…というタイプのビジネスと、
事務所にパソコンと少量の在庫を置いてネットを通じて取り引きが行なわれる
タイプのビジネス、これは全く別のものといった印象になりますね。

今回取り上げた記事では、リアルビジネスで名のある企業たちがネットという
メディアに対して尻込みをしている、または非常に脅威と感じている、という
“リアル側からの視点”で書かれたものです。例として挙げられているのは、
チャンスロスを防ぐ販売方法ができるチケット販売や客室の販売、また物販も
「インターネット上で、小売機能がインターネット専業企業に集約されつつあ
る」、つまりは付け入る隙がなくなってきている、といった感じでしょうか。


 ■リアルビジネスがおびえているもの
   : http://www5.ocn.ne.jp/~ganet/internet/ibs/no90.htm

 > ◆自分が、インターネット専業企業と同じことをやろうと思ってもうまく
 > いかない、要するに現在のインターネット専業企業の牙城を切り崩すのが
 > 難しい、これがまたリアルビジネスをおびえさせている原因でもあるのです。
 > 
 > *.なぜ、”ブランドによる先行優位性”が出てくるのか?
 > 
 > [理由1] 有名サイトにインターネットの初心者層が殺到する。
 > [理由2] 過去から蓄積されたデータや、更新を繰り返してきた高い品
 >       質のコンテンツにインターネットユーザーが惹かれる。
 > [理由3] 一人のユーザーにとって、通常は、自分に必要な同一テーマ
 >       のサイトは4,5サイト程度あれば十分なのだが、その4,
 >       5サイトしか受け入れないところに、幾つかの有名サイトが
 >       集中してしまう傾向にある。更に、既にユーザーの”お気に
 >       入り”に登録されている、よくアクセスするサイトと入れ替
 >       わるのは容易ではない。 など

         ──────【インターネットビジネス最新動向分析】


少し前までは、圧倒的な知名度をもつリアルな企業が満を持してネットに乗り
込んできたら、市場のほとんどが食われるのでは…、といった心配がされるこ
ともありました。しかしネットバブルと言われた時期に、「オールドエコノミ
ー」などとひどい呼ばれ方をしていた企業たちからの多くの新規参入がありな
がらも大部分がすでに撤退、驚くほど成功例は少なかったです。

ただし、それはもちろんネットショップ間でも全く同様ですね。すでにどのカ
テゴリにも有名サイトが存在しており、そこと競争するかニッチを狙うか、厳
しい戦いになるのは間違いありません。上の記事の[理由1][理由3]に関
しては、もはや運営者側からはどうにもならないことでしょう。しかし[理由
2]に関してはコンテンツを地道に積み重ねていけば、検索エンジンなどの評
価も高まってくる可能性があることは間違いありません。やはりどれだけ質の
良いコンテンツを、継続的に提供し続けることができるかがカギになってくる
のでしょう。小規模なWebショップでは手が回らないことも多いでしょうが、
やはりここに力を入れていかなければならないでしょう。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【2】『注目のWebマスター』更新情報
 │Web Master│           【ストラップヤ.com】樋口敦士様
 └─────┘ ──────────────────────────

 今回ご紹介するのは、携帯ストラップの専門店である【ストラップヤ.com
】Webマスターの樋口敦士様です。以前はメーカーとして携帯ストラップの製
造に携わっていた同氏は、現在では小売側にまわり、「6,000アイテム」とい
う多品種を扱うメガストアにまで成長されています。その背景には、やはり多
品種で低単価な商材を扱う店舗ならではのご苦労があるようです。それではご
覧ください。

───────────────────────────────────
■携帯電話の急速な普及とともに
───────────────────────────────────
 いつの間にか、携帯電話の普及率は60%を超え、もはや所有していない人を
見つけると思わず驚いてしまうレベルにまで浸透してきている。こうした市場
の急拡大は、新技術の開発やメーカー各社の新製品投入によって支えられてい
る面が大きく、これまではまさに“右肩上がり”の成長市場であった。もちろ
んその成長の中身はハードだけではなく、通話料やパケット代、各コンテンツ
プロバイダのソフトなど、多岐に亘っている。さらにそれに合わせて、携帯ス
トラップやホルダーなどの関連アクセサリーの市場も拡大を続けているのだ。

 元々日本人は、自家用車や携帯電話など、日常的に愛用する道具に対してそ
れを飾り立てて楽しむ傾向が見られるそうだ。自家用車の車内をお気に入りの
ぬいぐるみやアクセサリーで飾り立てる、欧米などではなかなか見られない傾
向だと言う。携帯電話との付き合い方もこれと同様で、携帯電話につけるアク
セサリーなどに凝るのはもちろん、着信メロディーなどもお気に入りを探し出
して他者と差別化したい、そんな願望が見て取れる。もちろん実用的な利点も
大きいのだが、自分だけのオリジナルの一台を手に入れるための最も手軽な方
法がストラップなどのアクセサリを付けることなのかもしれない。

 こうした市場の急拡大によって、数え切れないほどの関連商品が市場に投入
され続けてきた。携帯電話の新規登録者が急激な伸びを続けていた時期には、
関連の売り場も拡大されて新製品の販売スペースには事欠かなかっただろう。
しかし現在では市場の成熟が進み、「作れば売れた」時代ではなくなってきて
いる。元々が低単価なストラップという商品を作るにもしっかりとした企画力
が求められてきており、それを販売する側も慎重に仕入れを吟味する、そんな
厳しい時代となってきているようだ。

 今回ご紹介するのは、携帯ストラップの専門店である【ストラップヤ.com
】Webマスターの樋口敦士様だ。以前はメーカーとして携帯ストラップの製造に
携わっていた同氏は、後に小売側にまわり、現在では「6,000アイテム」という
多品種を扱うメガストアにまで成長されている。やはり多品種で低単価な商材
を扱う店舗ならではのご苦労があるようだ。


全文は、こちらのURLでご覧になる事が出来ます。

 ◆注目のWebマスター 【ストラップヤ.com】樋口敦士様
   : http://www.order-box.com/wm/


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【3】『EC-Winners』更新情報
 │EC-Winners│     【カニ市場『北国からの贈り物』】 加藤敏明様
 └─────┘ ──────────────────────────

 今回ご登場頂くのは、アットホームで完成度の高いメルマガ「北国便り」を
武器に、蟹販売で圧倒的なトップを快走している【カニ市場『北国からの贈り
物』】の加藤敏明様です。季節品というイメージも強い蟹の販売で、今年度は
「年商10億」が視野に入ってきたというレベルにまで成長され、さらには北海
道の自然の素晴らしさを伝える目的でオープン・ブログ・コミュニティの運営、
そして雑誌の発刊と、その活動は大きく広がってきています。同氏はこれから
どのような方向性で進もうとされているのでしょうか。それではご覧下さい。

───────────────────────────────────
■サラリーマン生活の傍らで開業
───────────────────────────────────
 今回ご登場頂くのは、アットホームで完成度の高いメルマガ「北国便り」を
武器に、蟹販売で圧倒的なトップを快走している【カニ市場『北国からの贈り
物』】の加藤敏明様だ。季節品というイメージも強い蟹の販売で、今年度は
「年商10億」が視野に入ってきたというレベルにまで成長され、さらには北海
道の自然の素晴らしさを伝える目的でオープン・ブログ・コミュニティの運営、
そして雑誌の発刊と、その活動は大きく広がってきている。同氏はこれからど
のような方向性で進もうとされているのだろうか。

 同氏は北海道の生まれで、幼い頃より北海道の自然の中で育ってきていたと
いう。「小さい頃から自然の中で遊ぶのが好きで、毎日、カエルや蝉、トンボ、
クワガタ、ザリガニ、蛇などをつかまえて遊んでいました。」その後、大学進
学とともに東京へ上京され建築学科に在籍され、都市計画などの空間創造に興
味を持たれるようになったという。「建築への興味が“海外の建築物への興味”
へと発展して、大学在学中に何度もヨーロッパやアメリカに旅行しては建築の
写真や風景写真を撮るようになりました。」その時に強く感じられたことは
「ヨーロッパの長い歴史を通して育まれた都市の景観に心を打たれました。そ
れは今の日本の都会では見ることのできない、人が住むに相応しい、調和のあ
る風景でした。」ということだったという。

 しかし日本では、当時はちょうど日本国中がバブル景気に浮かれていた頃で、
全国で大規模な開発が行なわれていた時期でもある。北海道ももちろん例外で
はなく「毎年、田舎に帰るたびに見慣れた景色が開発でなくなって行きました。
子供の頃、クワガタが沢山いた森がなくなったり、ニジマスを釣った川も姿形
を変えてしまい…。メチャメチャ悲しい思いをしました。」それでも、生活の
場として東京に住んでいながら「大学生の時、北海道を離れて感じたことは
『北海道はとても素晴らしいところ!』でした。自然がイッパイ、空気も水も
美味しいですしね。」東京から北海道に帰りたくて仕方がなかったそうだ。郷
土への思いはこの頃から強いものがあったのだろう。

 そして大学卒業後、設計事務所に就職され、計9年間のサラリーマン生活も経
験されている。美術館や劇場、記念館などの設計に関わり、充実した生活だっ
たそうだが、やはり北海道への思いは募っていき、「自分の生まれ故郷北海道
で、自然景観を保全しながら、なおかつ、人が豊かに暮らせる環境を創り出す
ことに自分の使命を感じるようになりました。」しかし、このようなボランテ
ィアに近い生活では家族を養っていくことは不可能で、夢を実現するための生
活と収入をどうやって確保するか、真剣に考えられたそうだ。


全文は、こちらのURLでご覧になる事が出来ます。

 ◆EC-Winners 【カニ市場『北国からの贈り物』】 加藤敏明様
   : http://www.order-box.com/ec/


 ■───────────────────────────────■

<編集後記>

昨年の秋頃から、香取慎吾さんのダイエット本に刺激されて、週に2〜3回は
ジムに、週末はランニング・プールと、運動する機会が増えました。その結果、
なんと体重は10kg減! 体脂肪率も「22.5%→12.8%」と、ものすごくスリム
になりました。もちろんお腹の肉もすっきりで、以前に比べると食べても太ら
ない体質になったような気がします。それを良いことに、毎晩ワインを寝酒に、
チーズをつまんでいる日々なんですが、油断してるとリバウンドしそう…。
                               (四方)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ピサ /// \\  【サイズピッタリ】のオリジナルダンボールなら
ッイ  |^__^ b   …………………………………………………………………
タズ┌──┐く   株式会社 フルスピード
リ┌┴──┴┐\   東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA11F
!!| BOX / |  TEL:03-5728-4465 TEL:03-5728-4488
 (]────[)/   E-mail: info@order-box.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.order-box.com/ ━

バックナンバー