ダンボールのことなら、オーダーボックス・ドットコム!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━ 
┃■┃オ┃ー┃ダ┃ー┃ボ┃ッ┃ク┃ス  ───────────────┐
        ┏━┏━┏━┏━┏━  ショップオーナーの情報マガジン
        ┃ド┃ッ┃ト┃コ┃ム   【 For WebShop Masters 】
┌─────────────────────────────────┘
│    ____________    __▼ Contents ▼_____________
│  /       /|  
│ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ |  【1】ショップ業界 ニュースピックアップ
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |         キーワードから見えてくるあれこれ
│|For WebShop |  |  
│|     Masters| /   【2】『注目のWEBマスター』更新情報
│|____________|/             【神戸サヌキ】尾藤唯之様
│          
└───── ◆格安オーダー段ボール! ─  http://www.order-box.com/ ┘

 ┌───────────────────────────────┐
 │このメールがご不要な方は、下記から登録解除手続きをお願いします│
 │  ◆登録・解除ページ: http://www.order-box.com/mlmg/       │
 └───────────────────────────────┘

こんにちは、オオダ@店員です。

前回に引き続きチケット話で恐縮ですが、昨日の夜、急遽思い立って岡村靖幸
というミュージシャンのコンサートチケットを、インターネットから購入しま
した。

最近ではチケットを携帯電話にダウンロードしておいて、それを使って会場に
入場できるようですね。さすがに私もネット業界に働いている人間ですのでこ
れぐらいでは驚かないのですが、自分の持っている携帯電話が古いため、そう
いう便利なサービスの恩恵に与れないのが悔しいんですよね。

さらに腹立たしかったのが、インターネットでチケットを買うサービスを利用
するのに「1枚200円」の手数料がかかり、コンビニで紙のチケットに発券
するのに、さらに「100円」の手数料が掛かってしまうのです。銀行のATM
で、「人がやってないのに何で手数料がかかるの?」と思ってしまうのと一緒
で、何やら納得のいかない感じが残ってしまいます。

24時間チケットを買うことができる、という便利さとも無縁なアナログな方に
は、暮らしにくい世の中なのかもしれません。「デジタルデバイド」という言
葉が身近に感じられてしまいました。



 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【1】ショップ業界 ニュースピックアップ
 │NewsPickUp│     …………… キーワードから見えてくるあれこれ
 └─────┘ ──────────────────────────

検索エンジンを使って情報を探し出そうとする場合、人によっては色々なクセ
があるようです。また、意外なキーワードで自サイトが高い表示順位となって
いて驚いてしまったりすることもあるでしょう。

例えば、若手お笑い芸人の名前が思い出せなくて、持ちネタのフレーズの一部
で検索してみたところ、何故かある普通の日記型Blogサイトがトップに表示さ
れる。意外とよくある出来事でしょう。過去の日記で簡単に触れただけである
にも関わらず、その芸人さんがテレビに登場するたびにアクセス数が急増した
りするそうです。本当にどんなキーワードでアクセスがあるのかなど分からな
いものです。

一般的なキーワードを探すためのツールとして、便利なのが

 ■Overture「キーワードアドバイスツール」
 : http://inventory.overture.com/d/searchinventory/suggestion/?mkt=jp

でしょう。例えばここで「ダイエット」というキーワードで調べてみると、

 ・ダイエット + 具体的方法  「豆乳」「にがり」「水泳」など
 ・      + 大まかな情報 「方法」「運動」「簡単」「成功」など
 ・      + 体調や性別  「妊婦」「産後」「男」など

他にも「日記」「グラフ」「血液型」など、疎い人間には想像もつかないよう
なものまで含まれています。もちろん全てに対応することも無理ですので、ど
んな情報を強化すればいいのかの指針になるでしょう。

しかし、こうしたキーワードからサイトに訪れてくれた方も、探している情報
の種類は人それぞれで、決して購入を決意してアクセスしてくれている訳では
ありません。


 ■キーワードに見え隠れする、本当の気持ち
 : http://japan.internet.com/busnews/20041008/8.html

 > スポンサーなしには成立しえない雑誌やテレビなどの媒体では、商品に対
 > する本当の評価が表に出てくることはほとんどない。「あの商品が欲しい
 > けど、表だって探すことが出来ない」「あの商品は本当に効くのか?」
 > 「ほんとうに効く商品が欲しい」……そういう欲望があり、人は検索エン
 > ジンを利用して、膨大な数の情報の中から、お気に入りの情報を入手する。
 > 
 > 「雑誌やテレビでも見られる情報」と、「インターネットでしか見られな
 > い情報」があることを、もうユーザーは知っているのだ。

           ─────────────【japan.internet.com】


ここで言われている“雑誌やテレビ”よりも、さらに疑わしい情報源として見
られる可能性があるのがWebショップでしょう。基本的に、掲載してある商品の
悪口は書かないのですから、どうしても褒め言葉が並んでしまうことになりま
す。扱いアイテム数の膨大なサイトであれば、かえって気にならないものです
が、小規模サイトではどことなく胡散臭い印象となってしまうかもしれません。

こうしたイメージを取り除くために、アイテムを厳選して“いいものだけを”
という方向へ進むものです。明記しないまでも、背後には「これまで数多くの
○○を使ってきましたが〜」という雰囲気を漂わせることで、セレクトされた
感じを出せるでしょう。こうして改めて書くまでもなく、ほとんどのショップ
では自然とされている演出だともいえます。

まずは様々なキーワードでアクセスしてきてもらうこと、そしてより多くの方
に購入の決断をしてもらうこと、この両方が成功して初めて売上げとなります。
もっと真剣にキーワードを研究する必要があるのかもしれません。


 ━┯━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌┴───┴┐ 【2】『注目のWebマスター』更新情報
 │Web Master│              【神戸サヌキ】尾藤唯之様
 └─────┘ ──────────────────────────

 今回ご紹介するのは、作業服・安全靴、また医療用白衣、女性用事務服など
の作業用ユニフォームの販売を行なわれている【神戸サヌキ】Webマスターの
尾藤唯之様です。商品単価も低く、利幅も大きくない作業服という商材を扱い、
間もなく目標とされていた「年商一億」を達成されるところにまで来られたそ
うです。詳細な商品説明、そして質感まで伝わるように画像にも気を配り、基
本に忠実な“伝わる”Webショップを作り上げたからこその成長だと言えるで
しょう。それではご覧ください。


───────────────────────────────────
■阪神淡路大震災が大きな転機に
───────────────────────────────────
 今回ご紹介するのは、作業服・安全靴、また医療用白衣、女性用事務服など
の作業用ユニフォームの販売を行なわれている 【神戸サヌキ】 Webマスタ
ーの尾藤唯之様だ。衣料品の販売は、色やサイズ、素材などが複雑で、商品特
性を正確にユーザーに伝えることが難しいカテゴリである。一見したところ、
流行り廃りも少ない作業服の販売は容易なようにも思えてしまうが、商品単価
自体が低く、決して利幅の大きなものではないだろう。そんな中で、同店は詳
細な商品説明、そして質感まで伝わるように画像にも気を配り、基本に忠実な 
“伝わる” Webショップを作り上げて、着実に売上げを伸ばされている。

 同サイトの運営母体は、兵庫県神戸市に本社を構える株式会社サヌキである。
1936年に現社長の祖父が創業されたという同社は、当初は作業服製造卸を営ま
れていたという。その後、1990年には法人化され、同社製の作業服、安全靴な
どを大手企業へ納入し、順調に業績を拡大されてきていたそうだ。しかし、そ
の頃より安価な中国製品が市場を席巻しはじめ、売上げに陰りが見えてきてい
たのだという。そこで、先代社長は一度 “会社を閉める” という、苦渋の
決断を下されていたそうだ。

 しかしその直後、阪神淡路大震災が発生、自宅が全壊してしまう。その際、
会社に多額の負債が残っていることを聞かされ、売却することも撤退すること
も難しい状態になってしまう。その結果、大手メーカーで半導体の設計をされ
ていた同氏が会社を継ぐ決意をされたそうだ。会社経営とは全く違う畑を歩ん
できた同氏であり、当初は戸惑うことばかり、先の見通しが立たない状況だっ
たそうだ。

 同社が大きな転機を迎えたのは、やはりインターネットとの出会いからだっ
た。サイトを立ち上げられたきっかけを伺ったところ、「1999年2月、友人か
ら中古のノートパソコンを安く譲り受けたことです。」 と、全くの偶然だっ
たようだ。「はじめてインターネットに接続し、自分でもホームページを作り
たくなり、HTMLを勉強してテキストをメモ帳で書いてホームページを作成いた
しました。」 そこからのスピードは速く、1999年5月には同サイトを立ち上
げられ、その2ヵ月後、「簡単なご質問にメールで返答したことから、埼玉の
お客様からご注文いただき、ネット販売の可能性を感じました。」 と、そこ
に突破口を見出されたようだ。そんな状態からのスタートだった同サイトも、
目標だった 「年商一億」 を視野に入れ、その6割をWebショップが稼ぎ出し
ているところにまで達してきたのだそうだ。


───────────────────────────────────
■社内分業がターニングポイントに
───────────────────────────────────
 しかし現在、作業服販売業を営む環境は、他の事業と同様に、決して楽なも
のではない。店舗数を拡大しているロードサイド専門店が元気に見えはするが、
「少子高齢化による労働人口の減少や、製造業が中国に移転したことなどによ
る産業の空洞化により縮小傾向にあると聞いております。」 と、作業服を必
要とする層自体が減少しているのだ。また、同社が扱われている事務服なども
同様で、こちらは企業の経費削減の対象とされ、廃止とされるケースも増えて
いるという。市場規模は徐々に縮小を続けていることになる。

 そんな環境の中で、同社が売上げを伸ばすきっかけとなったターニングポイ
ントを伺うと、「受注部門を妻に任せ、私が企画専門になることができたこと
です。」 と、社内的な体制のことに触れられている。「例えば、2003年春の
メルマガ講座(うりうり上級)に通うことができ、メルマガ(月1-2回)の品
質UPにつながったと思います。」 目の前の受注処理に追い回されてしまい
次の手立てを考える暇すらない、伸び始めのWebショップのオーナーには良く
ある話だが、そこから更に上へとステップアップするためにはやはりこうした
分業体制は必要となってくるはずだ。事務作業とクリエイティブな作業、この
両輪が連携をとりながら分離できる環境、これが出来た時に企業として第二期
に入るのかもしれない。



全文は、こちらでご覧になる事が出来ます。

 ◆注目のWebマスター 【神戸サヌキ】尾藤唯之様
   : http://www.order-box.com/wm/


 ■───────────────────────────────■


<編集後記>

いやー、今回のメルマガは危なかったです。実は、今週は月曜日が祝日だった
ということをすっかり忘れていて、自分の中で曜日が1日ずれてしまっていて、
「あ、今日はメルマガ配信日だ!」と気づいた瞬間は、頭がクラクラしてしま
いました。そんな訳で、ただいま必死でこの文章を打っております!

                           (オオダ@店員)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ピサ /// \\  【サイズピッタリ】のオリジナルダンボールなら
ッイ  |^__^ b   …………………………………………………………………
タズ┌──┐く   株式会社 フルスピード
リ┌┴──┴┐\   東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA11F
!!| BOX / |  TEL:03-5728-4465 TEL:03-5728-4488
 (]────[)/   E-mail: info@order-box.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.order-box.com/ ━

バックナンバー